投資録

2019年より現在の保有銘柄を公開していくことにします。 集計して記録を残していくことでその時々でどのようなものに興味を持ち投資してきたのか、また投資の成績を残して上達度などを振り返れるようにする事が目的です。

2019年 証券会社別 保有銘柄(株数 取得単価 評価損益)

2019年12月末 SBI証券 保有銘柄一覧

SBI保有銘柄201912

株を一番最初に購入したのがSBI証券でした。

現在保有している銘柄の中で一番の古株は「ソフトバンクグループ」です。 当時の銘柄名はソフトバンクグループではなくソフトバンクでした。 優待が魅力的でインターネットプロバイダ+スマホ料金の割引で年間2万8千円くらいの割引優遇がありました。 JGはソフトバンクの株を購入後、プロバイダとスマホをソフトバンクに変更して約5年間割引優遇を受けることができました。 ソフトバンクユーザーにはメチャお得な優待でしたが、残念なことに2018年末で優待は廃止となってしまいました。

優待廃止と同時期に株式分割も行われました。 保有株で株式分割を経験したのもソフトバンクがはじめてです。 またこの頃、株価も取得価格の2倍以上になりました。

売却するには良いタイミングかと思いましたが結局売却せずに200株所有で今にいたります。 思い出深い銘柄です。

他にはクリレスHD(クリエイト・レストランツ・ホールディングス)の株価が購入金額の2倍になっています。 なかなか優待が魅力なので手放せずにいます。

他に現在売却を考えている銘柄として、吉野家があります。10万円以上の利益が出ているのでここらで利益を確定してもいいのかと迷い中。
あと、極楽湯も近所の極楽湯が閉店するのでタイミングをみて売却を考えています。

株は損切よりも利益確定が難しいですね。 このように保有株とその時々の考えを記録に残しておくと、あの時こうしておけば!と後々振り返れて面白いかもしれません。

SBI証券では色々な株を購入売買してきましたが現在は株主優待中心の銘柄となっています。

SBI証券の評価額は2019年末日時点で2,411,950円。 評価損益合計は+731,550円となっています。満足いく内容です。

2019年末 GMOクリック証券 保有銘柄一覧

GMO保有銘柄201912

GMOクリック証券はFXの取引目的で口座開設しましたが、今では株主優待クロス取引などが中心になっています。

こちらの口座も株主優待銘柄ばかりです。

一番最初に取得した銘柄は「GMOインターネット」この銘柄は非常に株主優待が充実しており、自分が利用しているサービスをお得に利用するのに欠かせない銘柄になっています。

GMOインターネットの株主優待のメリットはこれだけあります!

その後、GMOクラウド、GMOアドパートナーズ、GMOフィナンシャルHDと取得しました。 いずれもGMOクリック証券での手数料キャッシュバックやGMOグループでの割引が利用できる株主優待銘柄です。

GMOクリック証券の評価額は2019年末日時点で560,200円。 評価損益合計は+51,600円となっています。

2019年12月末 楽天証券 保有銘柄一覧

楽天保有銘柄201912

楽天の株を楽天口座で保有しております。 一度700円台で取得したのですが売却してしまいました。改めて950円で取得。

ここは気にせず長期保有です。大きく下がればナンピンも考えます。

楽天証券の評価額は2019年末日時点で93,500円。 評価損益合計は-1,599円となっています。

現物株 全保有銘柄一覧

2019年12月末日 現時点での保有銘柄一覧です。

※銘柄コードはヤフーファイナンス、銘柄名は検索ドレダーにリンクしております。 現在の株価や優待内容を確認するのに便利です。

証券会社【銘柄コード】銘柄名
SBI証券2340極楽湯
3387クリエイトレストランツHD
3557ユナイテッドコレクティブ
4680ラウンドワン
4689Zホールディングス
4837シダックス
9434ソフトバンク
9984ソフトバンクグループ
3197すかいらーくHD (NISA)
8591オリックス (NISA)
9861吉野家HD (NISA)
GMO証券3788GMOクラウド
4784GMOアドパートナーズ
7177GMOフィナンシャルHD
9449GMOインターネット
楽天証券4755楽天

2019年12月末日 保有銘柄評価額 合計

証券会社評価額評価損益合計
SBI証券2,411,950円+731,550円
GMO証券560,200円+51,600円
楽天証券93,500円-1,599円
合計3,065,650円781,551円