株主優待録

こんにちは。 無類の株主優待クロス好きの自営業者JGです。

株主優待のクロス取引は初心者には複雑で分かり辛い。
手数料とか金利とか貸株料とか、結局いくらコストがかかって、いくら儲かるの!?

ということで、今回は株主優待クロス取引のコストと儲け。 この2点に絞ってシンプルに紹介してみます。

以下、前回GMOクリック証券でクロス取引をした平和【6412】の株主優待クロス取引のコスト算出方法と確認場所、そしていくら儲かったのかを紹介します。

(株主優待クロス取引のやり方についてはこちら → GMOクリック証券で株主優待クロス取引(一般信用)のやり方シンプル解説

一般信用優待クロスのコスト計算する前に知っておくべき基本情報

約定金額

平和【6412】の取得時の株価 2,211円 × 取得数 400株 = 約定金額 884,400円

手数料のプラン

  • 現物取引手数料のプラン 「1約定ごとプラン」と「1日定額プラン」の2種類
  • 信用取引手数料のプラン 「1約定ごとプラン」と「1日定額プラン」の2種類

*プランは自分で選択する。JGは両方とも「1約定ごとプラン」を設定。

一般信用優待クロスにかかるコストは以下の3つを覚えればいい

1.現物の買い手数料

現物の買い手数料は手数料のプランと約定金額で決まる。

(最新の手数料を確認 → GMOクリック証券 手数料ページ

今回の場合、「1約定ごとプラン」で約定金額 884,400円なので現物の買い手数料は470円になる。

2.一般信用の売り手数料

一般信用の売り手数料も手数料プランと約定金額で決まる。(上記GMOクリック証券 手数料ページで確認)

今回の場合、「1約定ごとプラン」で約定金額 884,400円なので一般信用の売り手数料は259円になる。

3.一般信用短期の金利

一般信用短期の金利も(上記GMOクリック証券 手数料ページで確認)できる。

今回の場合、一般信用(短期)になるので金利利率は3.85%になる。

約定金額 × 金利利率 ÷ 365日 × 日数 = 貸株料(小数点以下は切捨)

884,400 × 3.85% ÷ 365日 × 5日 = 466円

一般信用短期の金利(貸株料)は466円になる。

上記3つを合わせたものがコストの合計 470円 + 259円 + 466円 = 1,195円になります。

表とか計算とかしたくない! どこかで手数料と金利を確認できないの!?

出来ます! 以下の方法でかかったコストを確認することも可能です。

gmo電子書類閲覧

マイページ > 電子書類閲覧 > 株式取引、先物・オプション取引、債券取引、投資信託 「閲覧する」の順にクリックすると、以下「株式取引報告書」の一覧が表示される。

gmo株式取引報告書

取引をした日付の「株式取引報告書」と現渡をした日付の「株式取引報告書」の横にある「表示」ボタンをそれぞれクリックすると以下が表示される。

heiwa取引報告書

上の「株式 取引報告書」で現物の買い手数料が確認できる。 436円 + 消費税34円 = 470円

heiwa信用取引報告書

上の「信用取引 取引報告書」で一般信用売り手数料が確認できる。 240円 + 消費税19円 = 259円

heiwa貸株料

もう一枚の「信用取引 取引報告書」で一般信用短期金利(貸株金利)が確認できる。  466円(日数 5日)

上記3つを合わせたものがコストの合計(上の表や計算で出した金額と同じ) 470円 + 259円 + 466円 = 1,195円になります。

GMOクリック証券で取引した理由 手数料が無料に!

色々な証券会社で株主優待クロス取引が出来ますが、今回GMOクリック証券でクロス取引をした理由はクロス取引で発生するコストである手数料を無料にすることが出来るからです

今回のコスト合計の1,195円の中の手数料の部分(470円と259円)の合計729円が無料に!

ということは、残り金利の466円が今回の合計コストになります。

GMOクリック証券の手数料を無料にする方法はこちら → GMOインターネット株を保有する理由

コストは約定金額が大きくなるほど大きくなります。 手数料を無料に出来るのはすごく大きいですよね。

取得した優待の価値は? 優待の価格を調べる

今回取得した平和【6412】の株主優待はこちら

平和株主優待券

平和グループ(PGM)が運営するゴルフ場で平日及び指定月の土日祝日のプレー料金から1枚につき1名様のみ最大3,500円割引となる割引券が8枚。

3,500円 × 8枚 = 28,000円分のゴルフプレー割引券になります。

JGはゴルフをやらないので、この優待券はオークションやフリマサイトで売ることにしました。

平和の株主優待券の現在の相場を調べる → 平和 株主優待(ヤフオク、ラクマ、メルカリを一度に調べられます)

ラクマで優待を売却

今回は手数料の安いラクマを使って平和の株主優待を売却しました。

売却価格

商品代金15,600円 - 販売手数料546円 ー 送料179円 = 14,875円(受け取り代金)

になりました。

利益からコストを引いた儲けは?

受け取り金額からコストを引くと。

14,875円 - 466円 = 14,409円

14,409円が今回の儲けとなります。 (14,875円は楽天ポイントで取得しています。現金で取得するには210円の振込手数料が別途必要)

金銭面の利益は分かりました。 しかし、

金額的な見えるコスト以外に手間や時間の目に見えないコスト、それと優待を取得するための資金が必要になってきます。

今回必要とした資金は約定金額 884,400円ですが、成行で注文確定するためにはこれよりも少し多めの資金が必要となります。

仮に100万円の資金を用意できた場合。 100万円を使って出た利益が14,409円なので

14,409円 ÷ 100万円 = 0.0144 1.44%の利回りとなります。

まとめ

現在、株主優待クロスの利回りについては色々なサイトでも紹介されています。

今回の利回り1.14%と数字をパッと見るとあまり良い投資に思えないかもしれません。

しかし、今回資金を動かした期間は5日間。 年利ではなく5日間の利回りと見方を変えるとメチャ良い投資だと言えます。

使える資金があり、また投資にかける時間さえあれば損が出ない有効な投資だと思うのでJGは今後、限りある資金をうまく利用しながら株主優待クロスを続けて行こうと思っています。

やり方を工夫することでかける時間やコストもまだまだ減らす余地はありそうです。

今回使ったGMOインターネットの株主優待で手数料を無料にするなどのコンボ技など、お得な情報や技を見つけ次第どんどん報告して行きたいと思います。

自営業者の方はもちろん。 今後自分で色々立ち向かって行きたい人の役に立てる情報もシェアして行きます。

一緒に色々なことにチャレンジして行きましょう。

おつかれさまでした。